地域単独授業

 日時  12月21日(木) 午前10時~12時

豊中教室
  「高齢者支援サービスについて」

   場所 豊中市桜塚会館
   講師 谷岡 勝 氏 (豊中市健康福祉部高齢者支援課課長補佐)
      原園 実 氏 (豊中市健康福祉部高齢者支援課係長)
      前川 真美 氏(とよなかオレンジチーム長)
豊中市高齢者支援課の講師お二人より、ますます増え続ける豊中市の高齢者に
対する福祉サービスや高齢者虐待の現状についてと、これから私たちが真剣に
考えなければならない問題点など多岐にわたりお話していただきました。
特に虐待については、受ける高齢者だけでなく、養護者の立場側にも目を向け
なくてはいけないと考えさせられました。
豊中市高齢支援課講義 (1)   豊中市高齢支援課講義 (3)  
とよなかオレンジチームは高齢者だけでなく40歳以上の認知症になった人々が
住み慣れた豊中で自分らしく生きていくために早期から支援するチームです。
チーム員の方は認知症の知識を持つ医療と介護の専門職の人たちです。
このように色々な支援が充実して、高齢者だけでなく、社会的弱者が住み易く
なると良いですね。

  午後  13時~15時
昼からは、同窓会やSAの活動についてお話があり、SAの活動のひとつ、
手作りおもちゃに挑戦、松ぼっくりのクリスマスツリーと牛乳パックの竹トンボ、
そして折り紙のサンタクロースなど、みんな童心に返って楽しい時間を過ごしました。
おもちゃ作り (1)  おもちゃ作り ツリー(4)

高槻教室
  「島本町の福祉について」

   場所  高槻南スクエア4階
   講師 増川 利恵 氏(島本町社会福祉協議会 事務局次長)
島本町は高槻市と京都府にはさまれた、人口3万人の小さな町です。
小さな町の特性を生かしたきめ細かな福祉活動を行っています。
  社会福祉協議会の役割
  ① 一人ひとりの暮らしを支える      
      ●コミュニティソーシャルワーカーが相談にのる
      ●日常生活自立支援事業
      ●生活困窮者への支援
      ●地域での暮らしを支える在宅福祉サービス
  ② 地域を支える
      ●ボランティア・市民活動の推進
      ●団体・施設のネットワークづくり
      ●災害ボランティアセンター
      ●年長者を地域で支えるしくみづくり
      ●身近な地域での福祉活動の支援
PC210003.jpg  PC210005.jpg

 午後 13:00~15:00
学習成果発表会へ向けての準備をしました。
1班は、 シルバー食事会と子ども食堂について全員で発表します     
2班は、 認知症の寸劇を、明るく楽しくやります
PC210007.jpg  PC210012.jpg
               講義終了後、みんなで近くのお店で忘年会をしました。 

吹田教室
  「吹田の地域福祉活動 と地区福祉委員会の活動状況」

   場所 吹田市立総合福祉会館
   講師 新宅 太郎 氏(吹田市社会福祉協議会 地域福祉課)
      半沢 氏(吹田市千一地区福祉委員会)
地域福祉活動とは、普段の生活を基本として、生活する住民が参加者でありかつスタッフ
である活動のことです。みんなでする助け合い、支え合いです。
社協の新宅氏からは、概要説明を。具体的な活動は、地区の福祉委員である半沢氏からお話を
聞きました。活動をすることにより、地域の中に知り合いが増えた、老人・子どものつながり
が生まれたなどの効果があり、これから始めるなら、小さなことからコツコツと、何事にも
楽しくとのアドバイスを受けました。
講義午前  講義午後
    午前の授業                    午後の授業

  午後 13時~15時
  「地域包括支援センターの業務について」
   講師 柴野 勝俊 氏(片山地域包括支援センター)
午後もまた机上講習でした。
介護保険法の規定により平成18年から施行、設置された地域包括支援センターの
認知度は低く、何をしているか、今一つ分かりにくいようです。
住み慣れた地域で暮らすために、生活支援サービスを提供しています。
何かあればまず相談に伺う場所です。あと、高齢者の権利擁護、虐待についてもお話を
聞きました。
正直、午前午後とずっと座りっぱなしの講義はしんどかった。
夕方から、JR吹田駅近くの居酒屋で、吹田教室のメンバーで忘年会をしました。

各教室、各班のみなさん、CAの方々、今年一年、お疲れ様でした。

地域で何ができる

日時 12月14日(木)10時~12時
場所 豊中市福祉会館
講師 勝部 麗子 氏 (豊中市社協 福祉推進室 室長)

    今回は、合同授業でしたが、内容は豊中市社協のお話でした。
    高齢化が進み、「自助」が小さくなり、「共助」助け合いが必要な社会になりました。
   勝部先生  1214授業   
   ・福祉   公助(役所)、自助(家族)、共助(助け合い)    
   ・ボランティアセンター   好きなことをして人のためになる
   ・社協   したい人と、して欲しい人をマッチングする
   ・校区   見守りの方法
   ・地縁   地域の付き合い
   ・知縁   知り合い
   ・創縁   自分のためと人のためになる
   ・ぐんぐん元気塾   パワーアップ体操を週1回して元気になる 
板書
    豊中市や社協の取り組みよりも、高齢化が先を行くような社会になりました。
   救急電話   心臓マッサージ
救急車の適正利用を。                心臓マッサージを習いました
救急車を要請するのに悩んだら、まず         1分間に100回押しましょう。
#7119に電話しましょう。

第2回 大学提携授業

日時  12月13日(水)
場所  梅花女子大学 澤山記念ホール
講師  井戸 由美子教授
         (梅花女子大学 食文化学部 栄養管理学科)

     ≪ 健康寿命を延ばそう! 栄養学は予防医学 ≫
 健康寿命を脅かす 「生活習慣病」。肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常等々。
それらは生活習慣に起因する病気とされ、自身でコントロール出来る病気でも
あると言われてます。お話をお聞きしつつ、 あっ 私のことだわ~ と苦笑い。
”栄養学”は本当に大切だと感じました。調理の仕方、バランスの良い食事等、正しい
知識と運動も大切な事と学びました。この日を区切りに、心あらたにし、
 ” めざせ生活習慣改革 ”  です。

講義の後は 梅花歌劇団 によるショーがありました。
清楚で、はつらつとした舞台は私たちにもそのエネルギー
を分けていただけました。

s-IMG_0839.jpg  s-IMG_0836.jpg
   梅花女子大学の校内                                                          澤山記念館
s-IMG_0829.jpg  IMG_1744.jpg

IMG_1741.jpg  s-IMG_0835.jpg
    井戸由美子講師              梅花歌劇団のショー






 

私たちの身近なところで  

日時  11月30日(木) 10:00~12:00
場所  豊中市福祉会館
講師  竹下 真広氏 ・ 小柳 政枝氏
       (豊中市くらし支援課)

     ~~~契約の基本と悪質商法の手口について~~~
どんな時に契約が成立するか、事例を上げて説明を受けました。
またいろんな詐欺や悪質商法の手口について教わりました。
頭では分かっているつもりで「私は大丈夫」「私に限って」という気持ちがあり、
被害にあってしまうことも・・・・とのお話に、明日は我が身にも・・・・・
と、心せねばならないと思いました。
騙されやすさ心理チエック、消費生活○×クイズ等で、楽しみながら、知識
や情報を得る事が出来ました。
もし、被害にあってしまったら、すぐ消費生活センターに相談し、諦めない事
が大切だ。と言うことを学びました。クーリングオフ制度を利用できる事も
学びました。クーリングオフは店舗購入と通信販売には適用されない事
を忘れてはなりません。
悪徳商法について1130 (9)  悪徳商法について1130 (8) 
悪徳商法について1130 (6)   悪徳商法について1130 (5)


午後 13:00~15:00
高大同窓会・SAとの交流
各々の会の説明を受け、その後、地域別に分かれ、活動等を詳しくお聞きしました。
卒業後の進路を見据えて、参考にしていただければと考えます。
同窓会・SAとの交流 1130 (8)   同窓会・SAとの交流 1130 (11)



地域単独授業

日時  11月16日(木)  10:00~12:00 

高槻教室
場所  高槻市南スクエア
講師  畠山 栄美氏
      (高槻中央地域包括支援センター・社会福祉士)

   身近な視点で考える在宅介護

高槻 在宅介護1 ・介護費用の抑制のため、また本人の希望により
 今「在宅介護」が注目されています。
・医療、介 護、予防、生活支援、住宅の5つの  
 サービを「在宅の可能性を引き上げる5つのポ
 イント」と考えます。
・「在宅介護」を支えるには、多様な社会資源が
 必 要です。 社会資源とは、介護保険サービ 
 ス、在宅医療、ボランティア等です。
多くの人が望む自宅での最期のため、家族のみならず、医療関係者、ケアマネージャー、ボランティア等が協力することが大事だと思いました。                              

高槻1班 午後 13:00~15:00
午後は今後のカリキュラムの説明を受け、各班に分かれて、ふれあい交流祭の感想、成果発表会に向けて
話し合いました。
1班 成果発表会はふれあい交流祭の展
   示を生かし、全員で発表する事に
   します。また、皆で合唱します。
2班 全員参加の寸劇をやります。
   前の資料を使います。



豊中教室
場所 豊中市桜塚会館 
講師 山口 信子氏
     (障がい者センターひまわり 地域生活支援係)

  手話や聴覚障がい者に対する理解と支援
講師の山口様ご自身が聴覚障がいの為、手話にての授業で、同時通訳にて解説をしていただきました。
・聴覚障がいの方とのコミュニケーションの取り方
  手話のみならず、身振り、口話、空書、筆談等でする。
・日常生活における音を光で感じる為の工夫
  玄関のチャイムがなるとランプが点灯する。
  目覚まし時計が鳴ると、枕の下に振動するものがあり、その振動で目を覚まさせる。
・困った事
  駅での情報が聞こえないため解らない。
  銀行のATMでご自身のトラブルの連絡方法が困った。
・実際に体験してみました。
  手話、ジェスチャーや口話などでコミュニケーションを取る。
  自分の名前を手話で表現する。
  〈四季の歌〉を手話をしながらみんなで歌いました。
   楽しい時間を共有出来ました。

もし、困っている様子をみかけたら、声をかける代わりに、肩を軽くたたいて相談に
のる事が出来ればと思いました。
 障害者センターひまわり 1116 (15)   障害者センターひまわり 1116 (10)

午後 13:00~15:00   
 ふれあい交流祭の写真やビデオを見ながら、感想や反省等を行いました。



吹田教室
場所 吹田市福祉会館
講師 辻田 桂子氏(吹田市高齢福祉室 地域包括支援センター)

  在宅保健制度①~在宅介護を中心に~
介護保険のしくみ、サービスの利用手順、介護保険で利用できるサービス、
この三つのことを中心に説明を受けました。

吹田市の65歳以上の高齢者は約8万5千人、人口の23.1%を占めます。
認知症高齢者が増加し、高齢者のうち7人に1人が当てはまります。
そういう中で、サービスを利用するにはどういう手順を踏むか、
要支援、要介護に認定されたらどのようなサービスが受けられるのかをお聞きしました。

例えば、ヘルパーさんに来てもらいたい、生活の不安をケアマネさんに相談したい。
そんな時は、まず、地域包括支援センターに行くことです。
介護保険は申請主義です。当人が申請しないと、受けられるサービスを受けることが出来ません。
知ると知らぬでは大違いです。
私たちにとって、有益な情報を得ることが出来ました。

介護ブック   旧西尾家 西尾家庭園

午後 13:00~15:00
 地元吹田を知る探訪に、旧西尾家住宅を訪問しました。
 西尾家は江戸時代、吹田村の仙洞御料の庄屋をつとめました。
 現在伝わる建物、庭園は明治中期から昭和初期にかけて建築・整備されたものです。
 建物は、国の重要文化財です。庭園は、国の登録記念物(名勝)となっています。
 吹田に住みながら、この住宅を訪ねるのが初めてというメンバーがほとんどでした。
 ボランティアガイドさんの説明で、主屋・庭園・離れを一時間、見学しました。
 寒かった。