FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 大学提携授業 「立命館大学」

日時   平成30年2月14日(水) 10:30~12:00
場所   立命館大学 いばらきキャンパス A棟1階 AN110号室
講師   豊田 祐輔氏  (立命館大学政策科学部 准教授)

    ≪ 近年の防災対策と歴史都市の防災 ≫
災害の世紀と言われている21世紀においては、今後の災害に備える重要性が日に日に増して
います。 知っているようでも知らない防災について学びました。
 ① 地震は予知できない事を認めた。(科学者団体等)
 ② 大阪府の地震リスク
     地震発生確率今後30年間は、南海が60%、東南海が70%、
     東海が88%と高い確率です。
 ③ 自分と大切な人を守るために
     ・ 災害時、「誰によって助けられたか」の調査によると、
       自分自身・家族・友人、隣人が圧倒的に多く、救助隊は少ない。
       自助、共助の大切さが解ります。
     ・ 大地震が発生したら・・・・・。 その時のために
       発生時 ⇒ 身の安全を確認。  
       普段から ⇒ 家具転倒防止機材で家具を固定。 非常持ち出し袋の用意。 
              自宅の耐震補強
 ④ 歴史都市防災を研究
自分と身近な人を守るため、何ができるか、何をすればよいかを常に考えていく事が
大事だと思いました。
s-IMG_0914.jpg  s-IMG_0912.jpg 

s-IMG_0904.jpg  s-IMG_0905.jpg  


   
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。