2学期がスタートしました

    9月6日(水)  大学提携授業

2学期のスタートは、大学提携授業から始まりました。
年に3回実施される大学提携授業の第1回目、 関西大学千里山キャンパスでの授業です。
秋の気配が感じられるようになったとはいえ、日中はまだまだ暑く、汗を拭きつつ、地域福祉
科27名の皆さんが、元気にホールに集合しました。
 IMG_0534.jpg  大学提携 関大0906 (2)
キャンパスの中は緑が多く、喧噪から離れ、ゆったりとした時がながれていました。
急勾配や多くの階段があるところはエスカレーターが配備され私達高齢者には嬉しい限りでした。


関西大学 政策創造部 橋本行史教授による 「大阪の酒:いま・むかし」 の講義です。
   ・ 日本酒造りの薀蓄から始まり
   ・ 大阪の酒の衰退要因。大阪中心部で消滅、周辺部で存続
   ・ 消費量は減少、その中で特定名称酒は奮闘
   ・ 地方の地酒の復活事例
   ・ 大阪の食文化。考えられる復活の道は
等について、ユーモアまじえて講義していただき、私達もお酒の世界へ引き込まれました。

                                     大学提携 関大0906 (9)


講義終了後は自由解散。それぞれに 学食へ 博物館見学へと三々五々でした。

IMG_0529.jpg    IMG_0532.jpg
    写真は博物館の展示品



                                    


スポンサーサイト