高齢者社会の町づくり

<合同授業>
日時:2017年7月20日(木) 10:00~12:00
場所:豊中市立福祉会館
講師:中山 徹氏(奈良女子大学 生活環境部教授)

・日本の高齢化率     第 1 位
・日本の年少人口比率  最下位
・日本の出生率 (1.4 人 2016 年)   先進国で最も低い。

これから先もっと加速すると思われる高齢化社会の中で、高齢者にとって住みやすい町とは?
どんな町づくりが必要となってくるか?
・生 活 圏・・・・・何処へでも出かけられる、語れる友人がいる、介護サービスの充実した環境
・移動手段・・・・コミュニティーバスの利用、LRTの復活等
海外の参考資料のスライドも紹介していただき、考えさせられた内容でしたが、楽しい講義でした。

中山教授 0720 (1) < 中山教授 0720

中山教授 0720 (4) < エコラボバス




<テーマ> 校外学習 大阪大学総合学術博物館 見学

2017年7月27日(木) 13:00~15:00

27日午後から阪急石橋駅より徒歩15分にある大阪大学博物館を見学しました。当日は、みんなで学食(昼食)を食べて学生気分に浸りました。

ワニ君
大阪大学博物館(待兼山修学館)は、歴史・自然史・学術を兼ねた総合学術博物館です。2008年に国の登録有形文化財になり、後ろには待兼山(まちかねやま)があり、展示室はもちろん屋上からの景色も楽しめます。3階の「待兼山に学ぶ」コーナーでは、1964年5月に豊中キャンパスで出土した日本で初めて発見されたワニの化石の骨格見本も展示されています。 


IMG_0432_(2)_convert_20170729203922.jpg 
緑豊かな校内

IMG_0420_(3)_convert_20170729205253.jpg
総合学術博物館(待兼山修学館・登録有形文化財)   豊中キャンパスでは大阪大学学舎に次いで2番目に古い建物

IMG_0440_convert_20170729203840.jpg   豊中キャンパスの入口に設置されている

IMG_0438_convert_20170729203751.jpg   豊中キャンパス全体案内図 

髦ェ螟ァ蜊夂黄鬢ィ_0720_(2)_convert_20170729214618 髦ェ螟ァ蜊夂黄鬢ィ_0720_(21)_convert_20170729214807

IMG_0400_convert_20170729214208.jpg 1964年5月、豊中キャンパスの理学部建設現場から出土 
復元骨格と実物化石 

当時の想像図 沼地を大きなワニが「のしのし」と歩いたいたようです。


IMG_0401_convert_20170729214307.jpg  IMG_0402_convert_20170729214339.jpg
この付近は古代から人がくらしており、いくつもの古墳が発掘されています。

IMG_0403_convert_20170729214411.jpg HANDAI ロボットの世界 も見学しました。
大阪大学のロボット研究はマシンとしてのロボット研究よりも生物としてのロボット研究で国際的に有名とのことです。 
・ダ・ヴィンチ アンドロイド(左) アンドロイド【android】とは。SFなどに登場する、高い知性をもつ人間型ロボット。ヒューマノイド。goo国語辞典

髦ェ螟ァ蜊夂黄鬢ィ_0720_(6)_convert_20170729214712 猛暑の一日でしたが興味津々で元気に見学をしました。






IMG_0409_(2)_convert_20170729214525.jpg
博物館の屋上です。豊中市内の展望もなかなかのものです。


スポンサーサイト