市民後見人制度について

<合同授業>
日時:2017年6月29日(木) 10:00~12:00
場所:吹田市総合福祉会館
講師:坪田真起子氏(大阪府社会福祉協議会大阪後見支援センター所長)

今や認知症は誰もがかかわる可能性のある身近な病気です。
元気なうちに、将来、判断能力が不十分になった場合、「誰に」「どのような支援をしてもらうか」を あらかじめ契約をして決めておくことができる任意後見制度があること。
判断が不十分になってからは「法定後見制度」が、あり「後見」「保佐」「補助」の制度があること 。
現在大阪府では「地域における第三者後見人の立場で展開する権利擁護の担い手」と しての市民後見人養成(講座)・活動支援事業等を実施しておられることをお話いただき ました。

坪田真起子(市民後見人制度)290629 (4) < 坪田真起子(市民後見人制度)290629 (2)

坪田真起子(市民後見人制度)290629 (3) < content_otoshiyori.png




<施設訪問>  吹田特別養護老人ホーム高寿園

日  時:2017 年 6 月 29 日(木)   13:00~15:00
訪問先:吹田特別養護老人ホーム「高寿園」

阪急千里山線「豊津駅」より山手の方に徒歩で 15 分程歩いた所にある、吹田特別養護老人ホーム「高寿 園」を訪問しました。
このホームは吹田市でいちばん古い特別養護老人ホームで、社会福祉法人(無料低額診療事業)「済生会」 の事業の一環として福祉活動を実践している施設です。
昭和 56 年に開設された施設ですが、平成 25 年に現在の吹田市山手町に移設されたとのことで 施設内部もとてもきれいで、設備も整い、見学した皆さんが口を揃えて「こんなところだったら はいりたいね!!」でも現在入居希望待機者数を聞いて(◎_◎;) 施設職員の方々がとても丁寧に説明・案内をしていただき、大満足の施設訪問でした。

施設の概要
施設名      吹田特別養護老人ホーム高寿園
設置・経営主体  社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会
施設の所在地   大阪府吹田市山手町1丁目1番地1号
施設の規模 敷地面積 3,576㎡ 延床面積 4,427㎡
構造       鉄筋コンクリート造・地上4階
事業の種類    特別養護老人ホーム 多床式(定員30名) 
         ユニット型個室(定員40名)
         老人短期入所事業(定員10名)
         居宅介護支援事業
         デイ・サービスセンター 
         老人居宅介護等事業(ヘルパーステーション)
         吹田訪問看護ステーション

koujyuenn.jpg
建物は鉄筋コンクリート造ですが、屋根は一般的な陸屋根ではなく、勾配屋根ですのでアットホームな感じがします。

吹田特別養護老人ホーム 290629 (3)吉岡園長よりご多忙中のところ経営主体の済生会の歴史や運営の理念などをご説明いただきました。
済生会の歴史は、その歴史をたどれば、百年以上の昔、明治天皇の「医療を受けられないで困っている人たちに施薬救療し、再生に道を広めるようにというお言葉に行きつきます。」とのことでした。
小川統括マネージャーより高寿園の設立のご苦労、実務上での配慮などをお聞きしました。

<吹田特別養護老人ホーム 290629 (4) 吹田特別養護老人ホーム 290629 (6)

吹田特別養護老人ホーム 290629 (13)
廊下の広さにビックリです

IMG_0370_convert_20170709121530 (2)
地域交流ロビー コーヒーが100円です


スポンサーサイト