FC2ブログ

おたがいさまでつながる地域の”居場所”

日時   2月1日(木)
場所   豊中市立福祉会館
講師   新崎 国広氏  (大阪教育大学教授)

     ~ 「防災」「減災」に向けた つながりづくり ~
毎回待ち遠しく、楽しかった新崎先生の授業も、本講座としては最後の授業となりました。
NHK復興サポート”子どもの声をみんなできこう” 東日本大震災後の岩手県大船渡市
赤崎町「赤崎復興隊」のDVDを見ました。
子どもたちも参加してのワークショップで、「大人はもっと子どもを使ってほしい」と、子ども
から声が上がりました。大人も必要とされる。子どもも必要とされる。そんな存在で、「地域
のまつり」の再興。子どもたち企画の「たべっこ祭り」等のイベントを通して ≪赤崎町が大
好き≫ ≪そこではみんなが必要とされてる≫ 事を再認識し、おたがいさまでつながる
地域となるのでしょう。
震災という大きな体験を共有した子どもたちの、町への提言は明るく夢のある力強いもの
でした。7年たった今、どれくらい叶ったのでしょうか?
s-授業風景(本田)  新崎先生1

午後
班ごとに分かれ、成果発表会予行練習を行いました。
あと少しの授業を大切にしなければとの思いを強くしました。
発表会練習1  発表会練習3  発表会練習2

  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。